手帳をもたないビジネスマン

近年、スマートフォンの普及と共に、これまで主流だった「紙ベースの手帳」を持たないビジネスマンが増えてきました。実はこのように書いている私も、3年ほど前までは「6つ穴ミニ」というタイプのビジネス手帳を愛用していたのですが、スマートフォンのアプリを利用したスケジュール管理に乗り換えました。
とは言え、ビジネス手帳も非常に優れた仕事のツールとして有用でした。実際、大学を出てから10年以上は紙ベースのスケジュール管理でしたので、個人的にもこの方法に慣れてはいたのですが、一つだけどうしても我慢できない欠点があったのです。
それは、手帳の情報量が増えるに連れて、紙の量も増えていき、毎年後半になるに連れて、どんどん持ち運びに躊躇するほど嵩張ってしまう容積になるということです。

実は私は慢性の肩こり持ちですので、ビジネスバッグも出来るだけ軽めにしたいのです。従って、このどんどん容積も重量も増える手帳というのは、正直持つだけでストレスを溜めるような代物になり、長年この点が不満でした。
その点、スマートフォンにインストールするアプリケーションを手帳代わりにすれば、重さは全く増えず、容積も嵩張りません。使い勝手の面では、紙ベースのものよりも若干落ちる傾向にありますが、最近のアプリはこの点も改善されており、私は全く問題を感じません。

もしもこれを読んでいる方の中で、紙の手帳の重さや容積が気になる方がいたら、スマートフォンでのスケジュール管理を一度試してはどうでしょうか?最初は使い勝手の面で慣れが必要で戸惑うかもしれませんが、その軽さに慣れると、紙の手帳には戻れなくなるかもしれません。